銀行と消費者金融の違い

銀行と消費者金融とで使い勝手の差は殆どありません

違っているのは、消費者金融から借りる場合は「総量規制」が適用され、 銀行本体から借りる場合は「総量規制」が適用されないといった違いがあります。

「総量規制」

貸金業法において、借りすぎや貸しすぎの防止策で具体的には、 貸し借入れの際、基本的に「年収を証明する書類」が必要となり、また貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、 新規の借入れができないというものです。

(例)年収が300万円の人では、 貸金業者から100万円までしか借りられないということになります。 貸金業法の改正により大手の消費者金融の多くは銀行傘下に入りましたが、 現在でも独立系の消費者金融として営業を続けている企業もあります。

これらの企業は銀行傘下に入った消費者金融と比較しても、長年作り上げてきた利便性は損なわれていません。

キャッシング会社の金利

「金利が低いキャッシング会社はどこ?」ということになります。
現実の話、大手のキャッシング会社の金利は、ほぼ横並びです。
しかし、多少差があるので、その差をしっかり見極めていきたいものですね。

それでは、大手のキャッシング会社の金利はこのようになっています。あくまでも目安にしてください。借りるときは再度キャッシング会社のHPなどで確認してからお金を借りるように・・・・!

  1. プロミス:金利=年4.5%~17.8%:限度額:500万円
  2. 新生銀行カードローン レイク::金利=年4.5%~18.0%:限度額:500万円
  3. アイフル::金利=年4.5%~18.0%:限度額:500万円
  4. アコム:金利=年4.7%~18.0%:限度額:500万円
  5. モビット:金利=年3.0%~18.0%:限度額:800万円
  6. ノーローン:金利=年4.9%~18.0%:限度額:300万円

と、このようになっています。
こうしてみるとわかるように、金利の低さで言えばプロミスが頭ひとつ抜けています。
でも、モビットやアイフルも比較的金利は低いですね。
この金利については、最低金利よりも最高金利を見るべきなのです。
というのも、最低金利は限度額いっぱいに近い金額を借りるときに適用される利息。少額の借り入れを考えている人は最高金利を、多額のお金を考えている人は最低金利を見て、判断してみてください。

審査について

キャッシングの審査においては、申し込み時に記載された内容が様々な方面から審査されます。その審査の実態の一部借入れゆるい会社をご紹介します。
実際のキャッシングの審査はシークレットになっている部分も多く、これが全てではないと思われますが、重要なところがわかると、精神的にだいぶ楽になりますし、対策も立てやすいと思います。

☆審査で最も重要な項目

キャッシングの審査では、様々な項目が審査されますが、中でも最も重要な項目が3つあります。
1.年齢

20歳以下はもちろん借り入れはできませんが、あまりお年を召した方も借り入れが難しくなってきます。一般的には65歳になると、借り入れができなくなる場合が多くなってきます。70歳を超えると、かなり借り入れは厳しくなってきます。

2.年収

年収ですが、これは当然重要なファクターですよね。基本的に借り入れができる限度額は年収の1/3と決まっています。
ですが、通常ですと1/3ギリギリまで貸してくれるところは少なく、1/5程度の借り入れまでしかできない場合が多いようです。
ですから、年収300万円でしたら、最大100万円まで借りることは可能ですが、実際は60万円程度になると思われます。

3.他社借入状況

最大の項目、他社借入状況。
これは、だいたい3社以上借り入れをしていると、ほぼ審査は通らないと思っていいです。
3社以上借り入れをしている状況ですと、借入金額も年収の1/3に近いギリギリの金額まで借りている場合がほとんどでしょう。
そうなると、それ以上借りるのはほぼ不可能だと思って下さい。

以上、この3点が審査における最重要項目です。

 

Googleページランク

お金を借りるには

借金をしようとすると保証人になってくれる人や担保となる物が必要になります。ところが、キャッシングの場合は保証人も担保も用意することなしに借りられます。免許証等の本人確認書類があったなら基本的に融資可能と判断されます。新規にキャッシングを希望しているという事なら、しっかりとした準備が重要にです。あなたがキャッシングを希望して申込をしなければいけないのであれば、業者ごとの利息も後悔しないように検証しておきましょう。

最近では、スピーディーな即日融資による融資をしてくれる、キャッシング会社がだんだんと珍しくなくなってきました。タイミングによってはカードが自宅に届く前に、申し込んだ口座に入金されるというわけです。わざわざ申し込みのためにお店に行かなくても、気軽にネット上で出来ますのでやってみてください。

せっかくのキャッシングカード新規発行の記入済みの申込書に、記入漏れや誤りなど不備な点があれば、ほとんど再提出をお願いするか訂正印をいただくため、書類が一度あなたのところに返却されて遅れることになるのです。なかでも自署に限られるケースでは、記入後に再確認するなど慎重に取り扱ってください。

キャッシング、カードローン二つの相違点については、時間や労力をつぎ込んでまで考えていただく必要はないといえますが、実際の融資の申し込みまでには、貸してもらったお金をどのように返すのかについては、じっくりと精査してから、現金を貸してもらうことを忘れないでください。
キャッシングの申し込みを検討中ならば、前もっての比較が重要になります。もしキャッシング利用を決めて申込をお願いする際には、キャッシング会社ごとの利息もきちんと調査しておくようにしてください。

CMなどで見かけるキャッシングやカードローンなどの融資商品で、希望額の貸し付けが決まって借金を作るのは、おかしいことはないのです。今ではなんと女の人だけ利用していただける特別なキャッシングサービスもいろいろ選べます。よく旦那さんに借金がばれないようにやホストなんかにつぎ込む人など本当に訳ありの方にでも親切にお金を貸してくれる場合もあります。

そのほかに、新築やリフォームなどを目的とした住宅ローンあるいは自動車に関する費用を目的としたマイカーローンとは異なって、カードローンの場合は、どんなことに使うのかについては問われることがありません。このような性質のものなので、借入額の増額も可能とか、独特のメリットがあって人気があるのです。ポイント制によるサービスがあるカードローンだと、融資を受けた実績に応じてポイントを集められるような仕組みにして、使ったカードローンの規定の支払手数料に、そのような独自ポイントを使用できるようにしているものだって結構あります。

一般的にカードローン会社やキャッシング会社では、店舗には行けないけれど相談したい方のための無料のフリーダイヤルをちゃんと準備しています。相談をしていただく際には、利用する方のこれまでの状況などについて包み隠さず伝えていただくことが重要なのです。
実はほとんどのカードローンというのは即日融資だってできるんです。ということは午前中に新たにカードローンを申し込んで、審査に通ることができれば、同じ日の午後には、依頼したカードローンの会社から新たな融資を受けていただくことができるようになっています。

忙しい人はなどはインターネットで、新たにキャッシングでの借り入れを申込むパソコンなどの画面で、住所氏名・勤務先などの情報を間違いないように入力して送信ボタンをクリックするだけで、あっという間に後の本審査が早くなる仮審査の結果を待つことが、可能です。
理解しやすくするなら、使い道が問われず、動産・不動産などの担保や返済が滞った時のための保証人などを求められないという形で現金が手に入るのは、消費者金融のキャッシングも銀行のローンも、中身は変わらないものだと考えられます。

お申込み手続きが完了してから、実際にキャッシングが行われるまで、普通は相当の日数がかかるけれど、なんと驚きの最短即日のケースが、多数ありますので、余裕がないけれど融資してもらいたいのであれば、何種類かのうち、消費者金融系の会社が提供しているカードローンを選ぶのがベストです。

金融に関する情報サイトのサービスを、上手に活用することで、当日現金が手に入る即日融資をしてくれる消費者金融業者(借り入れゆるい)はどこかを、いつでもどこでも検索してみて、申し込む会社を見つけることだって、できますからやってみては?いかがでしょうか・・?

 

 

 

 

 

Googleページランク