銀行と消費者金融の違い

銀行と消費者金融とで使い勝手の差は殆どありません

違っているのは、消費者金融から借りる場合は「総量規制」が適用され、 銀行本体から借りる場合は「総量規制」が適用されないといった違いがあります。

「総量規制」

貸金業法において、借りすぎや貸しすぎの防止策で具体的には、 貸し借入れの際、基本的に「年収を証明する書類」が必要となり、また貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、 新規の借入れができないというものです。

(例)年収が300万円の人では、 貸金業者から100万円までしか借りられないということになります。 貸金業法の改正により大手の消費者金融の多くは銀行傘下に入りましたが、 現在でも独立系の消費者金融として営業を続けている企業もあります。

これらの企業は銀行傘下に入った消費者金融と比較しても、長年作り上げてきた利便性は損なわれていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です